ようこそ MITSUE WORLD へ!!

広島国際映画際(旧ダマー映画祭inヒロシマ)   (イベント参加)

広島国際映画祭 2018

今年の映画祭は、11月23,24,25の3日間NTTクレドホールを中心に開催されました。
ダマー映画祭から数えて、10年。広島の方々に、映画祭を通して沢山映画を楽しんでいけたらと思います。

 
 
広島国際映画祭は、10周年を迎えました。
 
 
 

恒例となりました、映画祭のポスターが広島電鉄市内電車に掲示されました。今年は、「ヒロシマ平和映画賞」を時川英之監督作品「鯉のはなシアター」が受賞され主役の徳井義実さんがゲスト出演されます。
 

近浦啓監督作品「COMPLICITY」、映画美術監督・部谷京子さんが美術を担当されました。
出演者の藤竜也さんがゲストで来られました。

国際短編映画コンペティション部門「ヒロシマ・グランプリ」を発表される審査委員長・新藤次郎氏
 

第3回目となる「ヒロシマ平和映画賞」は、時川英之監督作品「鯉のはなシアター」に決まりました。
手書きの賞状を書かせていただきました。

  メイン会場,NTTクレドホール風景です。
08192a00-.jpg 8eec3cfd-.jpg
賞状と記念品を手にされる、時川監督さま。
「鯉のはなシアター」は、戦後焦土と化した広島で市民球団として誕生した広島カープが歩んだ歴史をヒントに、経営難の映画館を復活させていく人間模様を描いた作品です。
近浦啓監督と主演の藤竜也さんトークショウ風景。
国際短編映画・コンペデイション受賞風景

新藤風監督作品「島々清しゃ」がバリアフリー作品として上映されました。

映画は、沖縄慶良間諸島で撮影され先生役の安藤サクラさんと子役の伊藤蒼さんが音楽で結ばれる人と人との絆を描いた作品。
新藤次郎氏と新藤風監督のトークショウは、ステージスクリーンへ会話が文字となって映し出されます。
4名のライターによって、会話を文字化させます。

広島国際映画祭・10周年おめでとうございます!

左から、ヒロシマ平和賞受賞監督・時川英之氏 主宰者・部谷京子氏 広島フイルムコミッション・西崎智子氏
時川監督さんと新藤風さんに、なぜか両手を支えられている私。

広島国際映画祭 2017

広島国際映画祭2017
2017年11月24日(金)、25日(土)、26日(日)に開催されました。

映画「エルネスト」の阪本順治監督と主演・オダギリジョーさんのトークショー風景

今年のヒロシマ平和賞は、阪本順治監督作品「エルネスト」が受賞されました。プレゼンターは、審査委員長の福岡慎二さんです。

今年も、手書きの賞状を書かせて頂きました。
会場風景
会場風景
阪本順治監督さんと。

広島国際映画祭 2016

広島国際映画祭2016
今年は、11月11日~13日までNTTクレドホールを中心に開催されました。

2017年、爆発的人気となった片渕須直監督作品・映画「この世界の片隅に」。
テアトル新宿で上映期間中、ロビーへ展示されているヒロシマ平和賞賞状を見に行きました。
自分が書いた、賞状と対面出来て感激しました。

 
全国拡大上映中の、広島国際映画祭2016「ヒロシマ平和映画賞」受賞作品『この世界の片隅に』(片渕須直監督)。
テアトル新宿のロビーでは、上映期間中、主役のすずさんの声を担当されたのんさん直筆サイン入り台本、絵を描くために短くなったと思われるエンピツ、キャラメルの箱、広島国際映画祭で受賞された手書きの賞状などがガラスケースへ入り展示されています。
展示写真は、片渕須直監督からの直送便です!
ロビーは、入場無料で自由に入れますので是非お運びくださいませ。

 
 
 
 
 

広島国際映画祭 2015

今秋、「広島」と「国際」と「映画」と「祭」が出会う。
第2回広島国際映画祭は、昨年以上にバージョンアップします。 今後、5年間にわたってのシネマテーク・フランセーズとの共同上映企画をスタートさせます。
本年のプログラムは、生誕100周年を迎えたアンリ・ラングロワ特集です。
そして、すでに国外の映画祭で話題になっている作品の日本プレミアから、日本の若手監督たちの特集上映。
会期:2015年11月20日(金)(前夜祭)・21日(土)・22日(日)・23日(月・祝)
開場:NTTクレドホール/横川シネマ/広島市映像文化ライブラリー

オープニングでは、
広島湯崎県知事様、松井広島市長様、審査委員長・吉田喜重監督、女優・岡田茉莉子様、ダフネ・ヘレタキス監督、ジャン・フランソワ・ロジェ氏によって鏡割がされました。

shift.jpg shift.jpg

 

吉田喜重監督・岡田茉莉子氏によるトークショウの様子

 

映画祭、代表・部谷京子氏の挨拶風景です。

 

広島国際映画祭 2014

広島国際映画祭(Hiroshima International Film Festival) 2015
 
昨年まで5年間続いた「ダマー映画祭 in ヒロシマ」を受け継ぐ形で、今秋から「広島国際映画祭」が開催されました。
<<広島国際映画祭>>
開催日時 2014年(平成26年)11月14日(金)~16日(日)
会場 NTTクレドホール(基町クレド・パセーラ11階)
 
第1回目のスペシャルゲストとして、広島出身・長谷川和彦監督をお迎えしました。 主宰者・部谷京子氏は、「青春の殺人者」「太陽を盗んだ男」の2作以降、30年余りメガホンをとられていない長谷川和彦監督に、ぜひ第3作を撮ってもらおうと、「長谷川和彦監督新作プロジェクト」を第1回広島国際映画祭で発足いたしました。  
 

前夜祭


   写真は、13日に行われた前夜祭風景です。映画監督・長谷川和彦監督、水田伸生監督、脚本家・加藤正人氏ご登壇されました。
  長谷川和彦監督
  水田伸生監督
  加藤正人氏
 
映画祭トークショウ
 授賞式風景
 

ダマー映画祭inヒロシマ 2013

広島県が開催する「ピース・アーチ・ひろしま」の一環として、8月2日3日にも開催します。秋には例年どおり、短編映画のコンペティションを含めたダマーを、11月22日~24日の三日間開催します。ダマーゆかりの監督たちのメジャーデビューや、ダマー初の短編映画製作など、話題満載のダマー。


 
 
 
 
 

 

ダマー映画祭inヒロシマ 2012

 
DAMAH (ダマー)とは「Spiritual Experiences」をテーマに2001年からアメリカ・シアトルで始まった国際短編映画祭です。
2009年より広島で開催しています。
“DAMAH”(ダマー)とはヘブライ語で「インスピレーションを与える」という意味の比喩・たとえを表します。
人物の葛藤や心情の変化など、人間の内面の描写にスポットをあてたテーマ性のある作品を公募するのが特徴で、作品を通じて各国の文化や環境、
地域社会や課題などが見えてきます。
映画祭では最終ノミネート作品を上映し、優秀な作品に「ヒロシマ・グランプリ」「審査員特別賞」「観客賞」「中国リージョン賞」といった賞を授与します。
4年目となる今年はコンペティションに日本、中国、韓国、台湾の3カ国・1地域から68本の作品が寄せられ、ゲストのトークショーやワークショップ、
特別招待作品の上映もされました。
 
 

映画「天地明察」滝田洋二郎監督がゲストに

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
滝田洋二郎監督様と「二十四節気」書の作品の前で
 
 

ダマー映画祭inヒロシマが11月16,17,18日 NTTクレドホールに於いて
オープニング上映作品、映画「天地明察」滝田洋二郎監督をゲストにお迎えし開催されました。
また、本選審査員、豪華ゲストの方々で映画祭を盛り上げて頂きました。
詳細は、ダマー映画祭inヒロシマ2012 HPをご覧下さい。こちらへ

 
 
 
 
 
 

新藤兼人・百年の軌跡

 
新藤兼人・百年の軌跡広島市中区袋町にある旧・日本銀行広島支店
2012年4月7日~24日旧日銀館内に映画のセットのごとく
石内尋常高等小学校教室と蔵を改装した生家を再現
 

 

4月7日の開校式には、
俳優柄本明様、広島松井市長様、広島県知事湯崎様、八丁座蔵本順子様がテープカットをされました
新藤兼人監督は、広島県佐伯区石内のご出身
今年4月22日で100歳になられ、現役の映画監督です
それを記念して、広島で沢山のイベントが開催されます
新藤兼人監督 百年の軌跡
 
 
 
 
 
 
 5月11日~13日
NTTクレドホールでは映画上映
新藤兼人監督作品に強い感銘を受けたオスカー俳優
ベニチオ・デル・トロ氏が来広
11日ティーチイン、「裸の島」プレミアム上映会
広島リーガロイヤルホテルでは、プレミアムパーティーにご参加されます 
ティーチインゲスト、平川典俊様もデル・トロ氏とご来日
写真、インスターレーション、演劇、パーフォーーマンス多岐にわたるアーチスト活動
現在、群馬県近代美術館で「木漏れ日のむこうに」と題する回顧展が開催されています
 
 

 
 
 
 
 

 

来賓の皆様
柄本 明さん
教室
これなん~だ?
風景
開校式の文字と私